1. トップ
  2. ツール・教材
  3. デジタルアーツ/松阪市立三雲中にスマートデバイス向けWebフィルタリングサービス導入

2014年11月28日

デジタルアーツ/松阪市立三雲中にスマートデバイス向けWebフィルタリングサービス導入

デジタルアーツは27日、総務省「フューチャースクール推進事業」対象校である三重県松阪市立三雲中学校の全教師と全生徒のiPad 500台に、スマートデバイス向けWebフィルタリング「i-FILTER ブラウザー&クラウド」を導入したと発表した。

これにより三雲中学校では、授業でiPadを活用する際、授業のニーズに合わせたフィルタリング設定が可能となった。

例えば調べ学習を行う際、授業単位でフィルタリングのレベルを調整する必要が発生しても、「i-FILTER ブラウザー&クラウド」ならタブレット一台一台の設定を手作業で変える必要がなく、フィルタリングのグループ設定をWebベースのインターフェースで容易に行えるという。

また、各タブレットのアクセスログを詳細に取り、簡単に閲覧できるため、生徒指導の場でも役立てることができるようになった。

「フューチャースクール推進事業」は、中学校では2011年からスタートし、全国8校の一校に松阪市立三雲中学校が選択され、松阪市教育委員会はそれをバックアップしている。

松阪市教育委員会では、タブレットの操作は教員側に比べて生徒側のほうが長けていることもあるため、教員の知らない間に授業に相応しくないWebサイトにアクセスしてしまう可能性があり、それが教員の不安材料になると考えていた。

「i-FILTER ブラウザー&クラウド」を導入することで、タブレットの授業導入について教員が安心感を持てる点を重要視し、採用に至ったという。

問い合わせ先

デジタルアーツ

アーカイブ

  • メルマガ登録受付中 みらいのまなび共創会議 ICT CONNECT 21