1. トップ
  2. ツール・教材
  3. 阪神電気鉄道/子どもの見守りサービス導入校が500校到達

2014年12月1日

阪神電気鉄道/子どもの見守りサービス導入校が500校到達

登下校 ミマモルメの概要

阪神電気鉄道は、阪神あんしんサービス「登下校 ミマモルメ」の導入学校数が、11月21日時点で500校となったと発表した。

「登下校 ミマモルメ」は、ICタグを持った児童が校門を通過すると保護者にメールで知らせるサービス。利用を希望する保護者と直接契約し、導入校には費用負担がないのが特徴。利用料金は、一人につき月額360円。

2011年4月から展開しており、全国14都府県の小学校・中学校・高校で、公立・私立問わず導入されているという。また、利用者数についても、11月21日現在で約9万9千人と、間もなく10万人を突破する見込み。

関連URL

登下校 ミマモルメ

教育改革を見据え ICT×紙で行う新しい授業実践 授業への参加意欲があがった Classi NOTE
プログラミング学習ロボット展 Web展示会 タダイマカイサイチゥ

アーカイブ

  • 失敗しない学校へのICT導入 5つのポイントを公開 ICT導入・活用無料セミナー開催 すらら
  • 英語の4技能を徹底支援 語学学修ソリューション CALL+MALL
  • よく届く ラッカスの無線LAN 離れた小中学校21校をひとつに繋ぐ 伊那市の導入事例掲載中
  • スマホでサクサクニュースを読もう ICT教育ニュース メルマガ登録