1. トップ
  2. ツール・教材
  3. VIOとSONJ/Moodleと授業配信システムの連携モジュールを発売

2014年12月5日

VIOとSONJ/Moodleと授業配信システムの連携モジュールを発売

ヴイ・インターネットオペレーションズ(VIO)と、ソフト・オン・ネット ジャパン(SONJ)は4日、授業映像を自動収録・配信する「ArgosView 授業配信システム」と、オープンソースのオンライン授業支援システム(LMS)であるMoodleを連携する「Moodle連携モジュール for ArgosView」を発売した。

利用イメージ

Moodleは、オープンソースのLMSで、学習に必要な受講者や教材の管理、進捗の確認など多くの機能を搭載し、大学を中心に幅広い分野で利用されている。

両社は、既存のMoodle環境で映像を使用したいというニーズを受け、授業収録・配信を自動で行う「ArgosView授業配信システム」と連携するためのモジュールを共同開発した。

モジュールでは、管理者は既存のMoodleシステムから授業収録スケジュールが登録を行える。

利用者は、Moodleから授業映像をワンクリックで閲覧可能。授業中はLMSとして動作し、授業後は授業中に録画した動画がMoodle内部に自動表示されLMS+反復学習に利用できる。

また、既存Moodle環境の保守サービスをSONJが提供する。

価格は、Moodle1システムあたり税抜30万円から。

VIOは、大学・大学院・専門学校などをメインターゲットと想定して展開。2016年度末までに100システムの販売を目指す。

概要

ヴイ・インターネットオペレーションズ

ソフト・オン・ネット ジャパン

アーカイブ

  • メルマガ登録受付中 みらいのまなび共創会議 ICT CONNECT 21