1. トップ
  2. データ・資料
  3. ベネッセ教育総合研究所/高校生の約4割がメールやLINEをしながら勉強

2014年12月10日

ベネッセ教育総合研究所/高校生の約4割がメールやLINEをしながら勉強

ベネッセ教育総合研究所は9日、中高生対象に実施した「ICT利用実態調査」の結果を発表した。

調査は、中学1年生から高校2年生までの9468名を対象に実施。ICTメディアの利用実態と意識について調べた。

それによると、中学生の87.3%、高校生の96.9%が、ふだんインターネットやメールを使っていると回答。さらに、インターネット利用者にアクセスツールをたずねたところ、「スマートフォン」は高校生で86.1%と高いものの、中学生は42.1%にとどまった。

インターネットやメールの利用状況[中高生全体]

社会のできごとに関する情報(ニュース)の入手にインターネットを使う比率は、中学生で50.2%、高校生で68.3%と半数を超える。ただし、「インターネット上の情報について、正しさを確認する方法がわからない」と不安を感じている子どもも多く、中学生の38.9%、高校生の49.2%が「あてはまる」と回答。

「メールやチャット(LINEなど)を書きながら(返事を出す場合も含む)」勉強することがある比率は、中学生で24.3%、高校生で37.5%。一定の割合の中高生が、勉強のときにもコミュニケーションで使用している。

学習時のながら行動[中高生全体]

ICTメディアの学習利用は、「辞書を使う」(中学生45.6%、高校生48.3%)、「メールやチャットで友だちに質問」(中学生26.4%、高校生48.3%)、「レポートの情報収集」(中学生30.2%、高校生45.0%)などが多く挙げられた。

ICT メディアの学習利用[中高生全体]

調査概要

名 称:中高生のICT利用実態調査
テーマ」中学生・高校生のICTメディアの利用実態と意識
方 法:学校通しの質問紙による自記式調査
時 期:2014年2月~3月
対 象:中学1年生~高校2年生 9468名(有効回答数)※中学生 3203名(13校) 高校生 6265名(15校)

関連URL

ベネッセ教育総合研究所 中高生のICT利用実態調査

アーカイブ

  • メルマガ登録受付中 みらいのまなび共創会議 ICT CONNECT 21