1. トップ
  2. データ・資料
  3. CIAJ/保護者の6割が「ICT教育を聞いたことがない」と回答

2014年12月18日

CIAJ/保護者の6割が「ICT教育を聞いたことがない」と回答

情報通信ネットワーク産業協会(CIAJ)は、小学生・中学生の子どもを持つ保護者を対象に「保護者のICT教育認識調査」を実施し、その結果をWebで公開した。

それによると、ICT教育に対する認識度については保護者の認知度が低く、6割が「聞いたことがない」と回答。最も認知度が高かったのは、首都圏の私立小・中の保護者で40%台後半となった。

ICT教育普及に対する保護者の意識に関しては、半数近くが「日本でのICT教育は、海外の先進国と比べて遅れていると思う」と回答、さらに「国がICT教育推進に取り組んでいることを知っている」との回答が24.5%にとどまる結果となった。また、「子どもの進学する学校を選ぶ際には、ICT教育への取り組みも重視したい」の回答は23.2%だった。

ICT教育に対する不安としては、「手書きがなくなる」「いじめ・犯罪(セキュリティ含め)の原因・不安」「身体への悪影響(特に目)」などが挙がり、5割の保護者がICT教育に不安を感じていることが分かった。

CIAJでは今後、「ICT教育による不安要素の払拭」や「教育現場の課題解決にICTの利活用が役立つことの実証事例」等を保護者に伝えることが必要だとしている。

調査概要

対 象:小学生か中学生の末子を持つ保護者(1250名)
地 域:全国
方 法:インターネットリサーチ
時 期: 2014年2月28日~3月8日

問い合わせ先

情報通信ネットワーク産業協会

アーカイブ

  • メルマガ登録受付中 みらいのまなび共創会議 ICT CONNECT 21