1. トップ
  2. イベント・セミナー
  3. 千葉工業大/「ロボカップ世界大会2014」で授与されたバカラ製カップを一般公開

2014年12月24日

千葉工業大/「ロボカップ世界大会2014」で授与されたバカラ製カップを一般公開

千葉工業大学は、「ロボカップ世界大会2014」で授与された「ルイ・ヴィトン・ヒューマノイド・カップ」を25日から東京スカイツリータウンキャンパスで一般公開する。入場料は無料。

ルイ・ヴィトン・ヒューマノイド・カップ

「ロボカップ世界大会」は自分で考えて動く自律移動型ロボットによる競技会。

千葉工業大学未来ロボティクス学科のチーム「CIT Brains」は、7月21から24日にブラジルで行われた「ロボカップ世界大会2014」のヒューマノイドリーグキッドサイズ部門で完全優勝。

同大会で最も優秀なロボットが選ばれる「ベストヒューマノイド」に選出され、「ルイ・ヴィトン・ヒューマノイド・カップ」を獲得した。

カップは世界的に有名なガラスメーカー「バカラ」のクリスタルガラスで作られ、ルイ・ヴィトンの伝統模様モノグラムをあしらった特製ハードケースに入っている。

2015年6月末まで、東京スカイツリータウンキャンパスで公開する。

概要

千葉工業大学東京スカイツリータウンキャンパス

千葉工業大学

教育改革を見据え ICT×紙で行う新しい授業実践 授業への参加意欲があがった Classi NOTE
プログラミング学習ロボット展 Web展示会 タダイマカイサイチゥ

アーカイブ

  • 失敗しない学校へのICT導入 5つのポイントを公開 ICT導入・活用無料セミナー開催 すらら
  • 無線LAN整備は整っていますか? チエル学校防災Wi-Fiパック
  • よく届く ラッカスの無線LAN 離れた小中学校21校をひとつに繋ぐ 伊那市の導入事例掲載中
  • スマホでサクサクニュースを読もう ICT教育ニュース メルマガ登録