1. トップ
  2. イベント・セミナー
  3. 立命館守山中/1人1台iPadを使った授業を2月公開

2015年1月5日

立命館守山中/1人1台iPadを使った授業を2月公開

立命館守山中学校は、1人1台のiPadを使った授業を公開する「ICT公開授業 兼 総合学習発表会」を2月21日に開催する。

立命館守山中では、2014年度から、クラウドとSNSを使ってアダプティブラーニングを実践する「RICS(RitsumeikanIntelligent Cyber Space)」を導入。これに合わせ、中学1年生が1人1台のiPadを、教科学習・総合学習、家庭学習、学校行事などに活用してきた。

授業公開では、中学1年の全5クラスで、国・数・英・理・社を実施する予定。

また、講演会では、「本校のアダプティブラーニング(RICS)の取り組みについて(仮)」をテーマに、立命館守山中学校の木村慶太ICT教育推進室長が登壇する。

琵琶湖を取り上げた総合学習の発表会を行うほか、意見交流会も実施する。

概要

日  時:2015年2月21日(土)10:55~15:50 ※受付開始 10:30
会  場:立命館守山中学校・高等学校 [滋賀県守山市三宅町250]
参加対象:学校関係者(公開授業・講演会・総合学習発表会)/本校生徒保護者(総合学習発表会のみ)
詳  細(PDF)

アーカイブ

  • メルマガ登録受付中 みらいのまなび共創会議 ICT CONNECT 21