1. トップ
  2. データ・資料
  3. トレンドマイクロ/Windows Server 2003利用企業の半数がサポート終了後も継続利用

2015年1月15日

トレンドマイクロ/Windows Server 2003利用企業の半数がサポート終了後も継続利用

トレンドマイクロは15日、日本マイクロソフトのサポートが7月15日に終了するWindows Server 2003について、企業の利用状況やサーバ移行の進捗状況、セキュリティ対策の実態について調査し、その結果を発表した。調査対象は、企業のサーバ運用に関わるIT管理者515名。

Windows Server 2003移行完了の予定時期

調査によると、Windows Server 2003を使用していると回答したIT管理者のうち約半数が、サポート終了後もWindows Server 2003を利用し続けることが分かった。利用用途としては、アプリケーションサーバ(54.4%)、データベースサーバ(50.9%)、ファイルサーバ(43.9%)、Webサーバ(38.6%)と、企業の主要システムに使われているもの。

サポート終了後のセキュリティ対策については、脆弱性対策機能を備えた総合セキュリティ対策を実施すると回答した管理者は15.8%にとどまり、アクセス制限や利用用途を制限するなどのリスク低減策を講じると回答したIT管理者は12.3%のみとなった。

調査概要

実施時期: 2014年12月5日~2014年12月8日
回答者:企業でサーバに関わるIT管理者515名
手 法:インターネット調査

関連URL

トレンドマイクロ Windows Server 2003 サポート終了後のサーバセキュリティ対策

問い合わせ先

トレンドマイクロ

アーカイブ

  • メルマガ登録受付中 みらいのまなび共創会議 ICT CONNECT 21