1. トップ
  2. 企業・教材・サービス
  3. 東京工科大学/最新のクラウド技術を使って学生が構築した学内システム

2015年1月22日

東京工科大学/最新のクラウド技術を使って学生が構築した学内システム

東京工科大学は22日、最新のクラウド技術を使った学内システムを学生が構築し、1月から運用を開始したと発表した。

学内クラウドシステムの概要

東京工科大学では、学内ICT環境の全面的なクラウド化に取り組み、2014年4月に全学生約8000人向けにサービスの提供を開始。

今回は、このプロジェクトの発展形として、最新のクラウド技術であるコンテナ型仮想化機構「Docker」(*1)をベースに、ハイブリッドクラウド(*2)を構築。システムの導入で、従来のVM(仮想マシン)機構の半分以下の低コスト、かつ高い拡張性を持つ基幹システムを運用できるようになった。

システムの構築には、クラウド化プロジェクトに携わったコンピュータサイエンス学部の大学院生と学部生3名が開発から運用までを担っている。

東京工科大学は、2015年度も、この環境を活用したプロジェクト演習を取り入れるなど、実践的なICT教育の充実を図るとともに、先進的なICT環境による学内サービスの向上を図っていくという。

(*1)Docker:米Docker社が開発したオープンソースのコンテナ管理ソフトウェア
(*2)ハイブリッドクラウド:商用クラウド上と学内サーバーの双方で、条件に応じて最適なクラウドを選択して処理を実行できるシステム

関連URL

東京工科大学

アーカイブ

  • メルマガ登録受付中 みらいのまなび共創会議 ICT CONNECT 21