1. トップ
  2. ツール・教材
  3. IIJ/著作権管理技術のオープンスタンダードを採用したDRM

2015年1月27日

IIJ/著作権管理技術のオープンスタンダードを採用したDRM

インターネットイニシアティブ(IIJ)は、著作権の管理システムであるDRM(Digital Rights Management)のサービス「IIJ DRMサービス/ExpressPlay」を26日から提供開始した。

デジタルコンテンツの著作権管理技術のオープンスタンダードである「Marlin DRM」を採用したサービス。

加えて、マイクロソフト社が提供するデジタル著作権管理規格「PlayReady」にも対応している。

配給事業者、レンタル事業者、コンテンツオーナーなどコンテンツ配信・制作事業者は、このサービスを利用することで、DRMシステムの運用や管理を気にすることなく、コンテンツをセキュアに配信することができる。

また、IIJのサービスである、クラウド上で大量なコンテンツのフォーマット変換を行える「IIJ GIOクラウドトランスコードパッケージ」などと組み合わせて利用することができる。

問い合わせ先

インターネットイニシアティブ

京都府教育委員会 Classi 府立高校12校において大学進学希望の高校生をICTでサポート!
プログラミング学習ロボット展 Web展示会 タダイマカイサイチゥ

アーカイブ

  • 失敗しない学校へのICT導入 5つのポイントを公開 ICT導入・活用無料セミナー開催 すらら
  • 学校現場のICT活用最新情報誌 チエルマガジン 無料購読はこちら
  • アプリで英検対応 新試験に対応 EAST Co., Ltd.
  • スマホでサクサクニュースを読もう ICT教育ニュース メルマガ登録