1. トップ
  2. データ・資料
  3. すららネット/7割の小学生が紙よりデジタル教材の方が勉強しやすいと回答

2015年1月28日

すららネット/7割の小学生が紙よりデジタル教材の方が勉強しやすいと回答

すららネットは27日、「小中高生の勉強に関する意識調査2015」の結果を発表した。

授業以外で勉強する時よく使用するものについて質問すると、「書籍(参考書・教科書)」(56.4%)が最も多く、次いで、「パソコン」(53.6%)、「スマートフォン」(26.1%)という結果とった。

学校種別で1位を見てみると、中高生は「書籍(参考書・教科書)」であるのに対し、小学生は「パソコン」(55.0%)となった。また、トップ3に中高生は「スマートフォン」が入っているが、小学生は「スマートフォン」ではなく「タブレット端末」が入っており、年代によって、勉強に活用する機器の傾向が違うことが分かった。

また、「紙教材」と「デジタル教材」では、どちらが勉強しやすいと思うか質問したところ、「紙教材」(49.3%)と「デジタル教材」(48.6%)が、ほぼ半数ずつという結果となった。

しかし、学校種別に見ると、高校生では「紙教材」が約7割となっているものの、小学生では「デジタル教材」が7割、中学生も半数以上という結果となっており、学年が下がるほど、「デジタル教材」を好む割合が増える傾向が明らかになった。

調査概要

調査名:小中高生の勉強に関する意識調査
調査方法 :クラウド型学習システム「すらら」のログイン画面にて回答を得た
調査対象 :小学4年生から高校3年生までの男女
調査期間 :2014年12月19日~2015年1月20日
有効回答数:659名<男子:57.8%・女子:42.2%、小学生:9.1%・中学生:71.3%・高校生:19.6%>

関連URL

すららネット

アーカイブ

  • メルマガ登録受付中 みらいのまなび共創会議 ICT CONNECT 21