1. トップ
  2. データ・資料
  3. 国際IT財団/IT教育取り組み 欧州2カ国の現地調査報告

2015年3月2日

国際IT財団/IT教育取り組み 欧州2カ国の現地調査報告

国際IT財団は2月26日、先進諸国がIT教育やIT人材育成にどのように取り組んでいるのか、欧州2カ国の現地調査を行い、報告書を公開した。

エストニアの学習風景

訪問国は、プログラミング教育を含むコンピューティング科目を導入した英国、そして北欧のバルト三国のひとつで、IT立国化を進めるエストニア。

調査結果の主なポイントは、英国では、義務教育の始まる5歳からを対象に、ナショナルカリキュラムにプログラミング教育を取り入れた科目「コンピューティング」の導入など。

エストニアでは、プログラミング教育は2012年に初等教育(7歳)に導入。学校によって上級生は「国防」の一環としてサイバーセキュリティも学ぶという。

□訪問概要
訪問時期:2014年12月11日(木)~16日(火)
訪問先 :[英国]
1. Nesta(科学技術芸術基金)
2. キングスクロス アカデミー
3. Computing At School(CAS)
[エストニア]
4. e-Estoniaショールーム、学校支援システムeKool 他
5. Pelgulinna小学校
6. タリン工科大学、民間IT企業、国家情報システム庁
7. 電子政府アカデミー
訪問者 :・宮川 努 国際IT財団理事/学習院大学教授(研究会主査)
・今村 俊一 国際IT財団理事/
フューチャーアーキテクト ディレクター(研究会委員)
・齋藤 奈保 国際IT財団事務局長

関連URL

国際IT財団 海外調査2014(英国・エストニア)報告

アーカイブ

  • メルマガ登録受付中 みらいのまなび共創会議 ICT CONNECT 21