1. トップ
  2. ツール・教材
  3. 校務情報化支援検討会/東北大堀田教授監修による「校務の情報化」本を発行

2015年3月5日

校務情報化支援検討会/東北大堀田教授監修による「校務の情報化」本を発行

校務情報化支援検討会は、東北大学大学院の堀田 龍也教授監修による「『校務の情報化』で学校経営がこう変わる」を、25日に発行する。

本書は、校務支援システムを軸とした「校務の情報化」について、導入に向けての準備、失敗しない導入の手順などについて解説するとともに、校務支援システムを導入したことによって、学校経営がどう変わったかを、さまざまな学校の事例を紹介しながら、明快に解説している。

「校務の情報化」は、教職員の多忙化を解消するだけでなく、学習指導、生徒指導を側面から支援し、子どもについてのさまざまな情報を一元化して、正確で良質な通知表・指導要録の作成などを可能にする。校務支援システムの導入で「校務の情報化」を進めようとする学校管理職・教育委員会向けの手引き書。

Classi活用事例 生徒のスマートフォンを利用した朝自習の取り組み
プログラミング学習ロボット展 Web展示会 タダイマカイサイチゥ

アーカイブ

  • 10件以上の塾の新規開校事例はこちら すらら
  • 英語の4技能を徹底支援 語学学修ソリューション CALL+MALL
  • よく届く ラッカスの無線LAN 離れた小中学校21校をひとつに繋ぐ 伊那市の導入事例掲載中
  • スマホでサクサクニュースを読もう ICT教育ニュース メルマガ登録