1. トップ
  2. 企業・教材・サービス
  3. デル/デジタルハリウッドがワークステーション導入 パフォーマンスが15%向上

2015年3月9日

デル/デジタルハリウッドがワークステーション導入 パフォーマンスが15%向上

デルは5日、デジタルハリウッドが、デルのワークステーション「Dell Precision T1700」を導入したと発表した。

デジタルハリウッドは、コンピューターグラフィックスやWebサイト制作などを学ぶ専門職大学院や4年制大学などを展開している。

「ものづくり」を学ぶための優れたプラットフォームを提供するため、高いパフォーマンスと安定性を備えた最新のワークステーション「Dell PrecisionT1700」の導入を決定。

「Dell PrecisionT1700」は、高負荷なアプリケーションを効率よく稼働できるよう、CPU パワーの向上だけではなく、ワークステーションのアーキテクチャ全体の最適化が図られている。

デジタルハリウッドでは導入後、故障の報告が減少したほか、複数のアプリケーション起動した時の処理速度の低下が発生しなくなるなど、旧ワークステーションと比較して、パフォーマンスが15%向上したという。

なお、今回採用されたのは、日本市場からの要望を受けて開発された、「Dell PrecisionT1700」のスモールフォームファクタ (SFF) モデル。同モデルは、コンパクトさと、PC並みの価格が特徴となっている。

また、デジタルハリウッドは、デルがサービス&サポートの体制で提供する「CFI」を導入し、高度なカスタマイズなどの省力化を実現したという。

関連URL

デル

アーカイブ

  • メルマガ登録受付中 みらいのまなび共創会議 ICT CONNECT 21