1. トップ
  2. データ・資料
  3. KADOKAWA/女子小学生の65%が動画共有サイトを視聴 調査結果を発表

2015年3月11日

KADOKAWA/女子小学生の65%が動画共有サイトを視聴 調査結果を発表

KADOKAWAのアスキー・メディアワークス ブランドカンパニーと角川アスキー総合研究所は9日、共同で行った、『子どもライフスタイル調査2015春』の結果を発表した。

調査の結果、女子小学生の65%が動画共有サイトを視聴、10%が「毎日、ほぼ毎日」見ていると回答した。

見る動画共有サイトのジャンルでは、女子小学生の45%が「アニメ番組」を見ていると回答。 女子小4~6年生では、「ゲームの攻略や紹介」が40%と高く、 次いで「音楽」が35%、「面白ビデオ」が34%という結果だった。

調査概要

調査期間:2014年12月1日~2015年1月20日
調査方法:雑誌添付ハガキによるアンケート
調査対象:女子小学生。
雑誌「キャラぱふぇ」の読者を対象に調査を実施し、
回答者から女子小学生のみを抽出して集計した。
集計サンプル数:合計390件(女子 小1~3年生 268件、 女子 小4~6年生 122件)

関連サイトURL

KADOKAWAオフィシャルサイト
アスキー・メディアワークス ブランドカンパニー公式サイト
角川アスキー総合研究所

アーカイブ

  • メルマガ登録受付中 みらいのまなび共創会議 ICT CONNECT 21