1. トップ
  2. 企業・教材・サービス
  3. 日本マイクロソフト/ベネッセの情報セキュリティー対策強化などに協力

2015年3月13日

日本マイクロソフト/ベネッセの情報セキュリティー対策強化などに協力

日本マイクロソフトは12日、ベネッセホールディングスとベネッセグループが展開する、情報セキュリティ対策強化などに、ITパートナーとして協力すると発表した。

ベネッセは、グループ全体のIT戦略の一環として、より高いグループシナジーの実現と従業員の生産性向上、そしてグループ全体の更なるセキュリティ強化実現を目指し、マイクロソフトのクラウドサービスの導入を決定した。

今回導入を決定したクラウドサービスの中核となるのが、クラウド活用時のユーザーIDの管理、データの保護や、ITのコンシューマライゼーションの課題を解決する包括的なクラウドソリューション「Microsoft Enterprise Mobility Suite」(EMS)とパブリッククラウドサービス「Office 365」。

4月から、ベネッセグループの情報システム機能子会社「ベネッセインフォシェル」が導入を開始し、その後夏ごろからベネッセホールディングス、ベネッセコーポレーションに展開、2015年後半から2016年中にグループ全体への展開を目指す。

関連URL

日本マイクロソフト

アーカイブ

  • メルマガ登録受付中 みらいのまなび共創会議 ICT CONNECT 21