1. トップ
  2. ツール・教材
  3. FNETS/大分県教育庁が協働学習支援ツールを導入

2015年3月17日

FNETS/大分県教育庁が協働学習支援ツールを導入

富士通ネットワークソリューションズ(FNETS)は、協働学習の支援ツール「マーナビケーション」を、大分県教育庁が大分豊府中学校に導入したと発表した。

「マーナビケーション」は、FNETSが協働学習用に教師とともに開発したデジタル教材。

生徒がタブレットに手書き入力した回答内容を、教師が即時に電子黒板に表示できる。意見や回答を公開・共有することで、お互いの意見について考えや気づきを得て、学び合う協働学習の場を作り出せるという。

授業の最後に理解度チェックテストを行い、教師が生徒にその授業内で結果を即時にフィードバックできる。また、テスト結果をCSV形式で出力し、学習履歴として活用することが可能。

大分豊府中学校は、大分県立で唯一の併設型中高一貫教育校。5月から、「マーナビケーション」を、総合的な学習の時間や国語、社会、理科、数学などの教科で活用し、次世代の協働学習の研究に着手する予定。

今後、大分県教育庁では、中高一貫校の大分豊府高校においても活用方法について研究をし、さらに、他校への展開も検討する。

概要

富士通ネットワークソリューションズ

アーカイブ

  • メルマガ登録受付中 みらいのまなび共創会議 ICT CONNECT 21