1. トップ
  2. 教育事例
  3. すららネット/クラウド型学習システムを天竜病院の院内学級に提供

2015年4月1日

すららネット/クラウド型学習システムを天竜病院の院内学級に提供

すららネットは1日、クラウド型学習システム「すらら」が、静岡県浜松市にある天竜病院の院内学級で、4月から本格的に利用開始されたと発表した。

「すらら」を使った勉強風景

天竜病院は、長期間の入院や、メンタル面のケアを受けている子どもたちの学力をカバーするために、「すらら」の導入を決定した。

院内学級では、12歳から15歳の患児約10名を対象に「すらら」を活用。院内での学習時間は毎週月曜と木曜の14時から15時まで開設されるほか、個別に担当看護師と時間を決めて、子どもたちは好きな時間に学習することができるという。

なお、今回の院内学級での「すらら」の本格利用は、心理療法士や看護師の努力のもと、勉強を教えることを専門としない職員により実施される。

「すらら」は、ゲーム感覚で学べるクラウド型学習システム。小学校高学年から高校生までの児童生徒が、国語・数学・英語の3教科を学習できる。

関連URL

すらら

実際に体験していただけます EDIX2017に出展 5.17-19 Classi
Web展示会 開催中・募集中

アーカイブ