1. トップ
  2. ツール・教材
  3. AXSEED/MDM「SPPM2.0」、閉域網でのWindows8.1管理に対応

2015年4月7日

AXSEED/MDM「SPPM2.0」、閉域網でのWindows8.1管理に対応

AXSEEDは2日、自社開発のIPプッシュ「A-Push」サーバとWindows Open MDMを連携させることで、MDM「SPPM2.0」を、完全な閉域網環境でのWindows8.1端末の管理に対応したと発表した。

「SPPM2.0」によるWindows 8.1端末管理 イメージ

これまでWindows Open MDMの制御にはMicrosoft社のWNSプッシュサーバとの連携が不可欠で、閉域網でのMDMによる管理は実現できてなかった。

今回の機能連携により、WNSプッシュに依存しない「A-Push」と組み合わせて利用することで、閉域網環境でもWindows8.1端末の管理が可能となった。

完全閉域網でのWindows8.1端末の管理機能と企業の独自業務アプリ用IPプッシュの同時提供は、世界で初めてだという。

関連URL

AXSEED

問い合わせ先

AXSEED

実践校による活用事例報告 ICT教育研究会 with Classi 3月20日 明星中学校・高等学校
Web展示会 開催中・募集中

アーカイブ

  • 10件以上の塾の新規開校事例はこちら すらら
  • メルマガ登録受付中 みらいのまなび共創会議 ICT CONNECT 21