1. トップ
  2. ツール・教材
  3. Kobo社/紙好きの読書家向けに高画質電子書籍リーダーを発表

2015年4月9日

Kobo社/紙好きの読書家向けに高画質電子書籍リーダーを発表

Rakuten Kobo Inc.(Kobo社)は8日、高画質の電子書籍リーダー「Kobo Glo HD」を発表した。

Kobo Glo HD

「Kobo Glo HD」は、 電子書籍を専用端末で快適に読んでみたいという人に向けた電子書籍リーダー。300 ppi(1448×1072)の解像度で、6インチのCarta E Ink HDタッチスクリーンで、くっきりとして鮮明な、紙に近い文字を映し出すことが可能。
また、フロントライト「ComfortLight」により、寝室など照明を落とした環境であっても快適に読書を楽しめる。1GHzのプロセッサによる素早いページ送り、 4GBの内蔵メモリ容量で、充電持続時間は約2ヵ月と、大量の本でも気にすることなく持ち歩き、いつでも気軽に楽しむことがでる。

Kobo社の調査結果で、頻繁に読書をする消費者でも、これまでに電子書籍を試したことがない人が一定数いることが分かった。Kobo社は、紙の書籍よりも電子書籍のほうが適した読書場面もあるとの考えから、紙の本に慣れ親しんだユーザーにも受け入れられやすい、紙に近い高解像度の画面に、移動中も持ち運びやすいコンパクトなデザインなどを実現した「Kobo Glo HD」を開発した。

Kobo社は、防水機能を搭載した「Kobo Aura H2O」で、浴室などでも安心して読書を楽しめる環境を提供しているが、今回の「Kobo Glo HD」では、これまで電子書籍を利用したことがないユーザーにも、電子書籍の利便性を試し、 実感してもらうのが狙いだという。

日本での「Kobo Glo HD」の発売は2015年夏を予定している。

Kobo社は、カナダのトロント市に本社を置く樂天の子会社。

関連URL

楽天

Classi 悩める先生のための実践アクティブ・ラーニング ワークショップ 参加無料 12.23 先着100名 お申込み締切12/15 お申し込みはこちら
プログラミング学習ロボット展 Web展示会 タダイマカイサイチゥ

アーカイブ

  • 10件以上の塾の新規開校事例はこちら すらら
  • 無線LAN整備は整っていますか? チエル学校防災Wi-Fiパック
  • よく届く ラッカスの無線LAN 離れた小中学校21校をひとつに繋ぐ 伊那市の導入事例掲載中
  • スマホでサクサクニュースを読もう ICT教育ニュース メルマガ登録