1. トップ
  2. ツール・教材
  3. 富士通SW/小中高等学校のタブレット運用を支援するパッケージソフト

2015年4月22日

富士通SW/小中高等学校のタブレット運用を支援するパッケージソフト

授業開始時のイメージ

富士通システムズ・ウエスト(富士通SW)は、小中高等学校向けにタブレット運用を支援するパッケージソフト「FUJITSU 文教ソリューション future瞬快 (フューチャーしゅんかい)」(future瞬快)を、5月15日から提供開始する。

「future瞬快」では、生徒が使うタブレット端末のデスクトップ環境を切り替え、全て同じ画面になるよう統一することが可能。生徒のデスクトップ環境を統一することでスムーズに授業を開始できる。

低学年向けログオンイメージ

また、制限設定することで、操作ミスやそれによる授業の中断を軽減できるという。通常授業以外に、調べ学習や課外授業、自宅持ち帰りなど、シーンに合わせた利用環境への一斉切り替えが可能。

通常のWindowsログオン画面に加え、低学年の児童が使えるように、学年、組、名前をタッチ操作で選択して行う簡単なログオン方法も用意している。

シーンに合わせた利用環境

モニタリングで授業中の児童生徒の状況を把握し、困っている児童生徒を遠隔操作でサポートすることも可能。

教師やICT支援員がWindows Updateのスケジュールを事前に設定することができ、無線LAN環境下でも負荷を分散した自動更新を実現。シーンに合わせた複数の利用環境を簡単に追加・修正することもできる。

富士通システムズ・ウエストは、2016年末までに小中高等学校へ50万ライセンスの導入を目指している。

関連URL

future瞬快

富士通システムズ・ウエスト

問い合わせ先

富士通システムズ・ウエスト (大阪事業所) スマートコンテンツソリューション事業部
電 話:06-6920-6050
fwest-fshunkai@cs.jp.fujitsu.com

実践校による活用事例報告 ICT教育研究会 with Classi 3月20日 明星中学校・高等学校
Web展示会 開催中・募集中

アーカイブ

  • 10件以上の学習塾 ICT活用事例はこちら すらら
  • メルマガ登録受付中 みらいのまなび共創会議 ICT CONNECT 21