1. トップ
  2. ツール・教材
  3. Classi/2015年度に全国120校以上の高校・中学で採用が決定

2015年5月11日

Classi/2015年度に全国120校以上の高校・中学で採用が決定

Classi(クラッシー)は8日、4月から正式サービスを開始した学習支援クラウドサービス「Classi」が、2015年度に全国120校以上の高校・中学で採用が決まったと発表した。学習支援クラウドサービスのタブレット活用台数としては、日本最大規模だという。

教育でのICT活用をめぐっては、文部科学省が児童生徒1人1台の情報端末の実現などを推進しており、また全国の自治体も独自に実証実験を進めるなど、タブレットを活用した学習環境は急速に広がっている。

「Classi」は、タブレットをはじめ、スマートフォンやパソコンでも利用できる学習支援クラウドサービス。教師、生徒双方を支援する機能をそろえているが、 サービスの採用は学校単位となっており、生徒1人あたり3600円/年(月額300円相当)で利用できる。

主な機能として、生徒の学習状況や成績、活動履歴などが蓄積され面談などで活用できる「生徒カルテ」、生徒が学習スケジュールを管理したり家庭での学習時間を記録したりできる「学習記録」、授業に利用する動画や画像などの素材をまとめて保管し、簡単に生徒と共有できる「コンテンツボックス」などがある。

これらの機能は、各学校のICT環境の整備状況や学校の特色、利用シーンなどに応じて自由に組み合わせて利用することができ、学校教育でのICT活用を段階的に進めたい学校にも多く採用されている。

また、ICT環境の整備については、ソフトバンクグループが各学校の必要に応じて、安心安全なセキュリティーシステムや通信機能を備えたタブレットを提供する。

「Classi」を活用している学校では、授業で使う教材や素材を授業前後に生徒と共有することで、授業のあり方自体が深化した事例や、学習記録を生徒が入力することで、日々の努力が可視化でき、学習時間や学習意欲の向上につながった事例も出ているという。

Classiは、ソフトバンクとベネッセホールディングスが2014年に設立した会社。

関連URL

Classi

ClassiのIDひとつで!さまざまな教育サービスを利用可能にする Classiプラットフォーム 2018年4月よりスタート!
プログラミング学習ロボット展 Web展示会 タダイマカイサイチゥ

アーカイブ

  • 10件以上の学習塾 ICT活用事例はこちら すらら
  • 無線LAN整備は整っていますか? チエル学校防災Wi-Fiパック
  • よく届く ラッカスの無線LAN 離れた小中学校21校をひとつに繋ぐ 伊那市の導入事例掲載中
  • スマホでサクサクニュースを読もう ICT教育ニュース メルマガ登録