1. トップ
  2. ツール・教材
  3. NEC/東海大のコミュニケーション基盤、クラウドサービスを活用して構築

2015年5月12日

NEC/東海大のコミュニケーション基盤、クラウドサービスを活用して構築

日本電気(NEC)は11日、東海大学向けに、電子メール機能などを提供するコミュニケーション基盤を、クラウドサービスを活用して構築したと発表した。

日本マイクロソフトのクラウドサービス「Office 365」と、NECのクラウド基盤サービス「NEC Cloud IaaS」上に構築した認証機能やメーリングリスト管理機能を組み合わせて活用するシステムで、東海大学の教職員・在学生・卒業生約4万7000人が利用する。

「Office 365」を活用し、電子メールやファイル共有、インスタントメッセージなどのコミュニケーション機能や情報共有機能を提供。

学術情報ネットワーク(SINET4)と接続された「NEC神奈川データセンター」から提供するクラウド基盤サービス「NEC Cloud IaaS」上に、「Office 365」の認証機能やメーリングリスト管理機能を構築することで、セキュリティ強化や利便性の向上を図っている。

さらに東海大学の各部署・研究室が個別に購入・構築・運用していた各種サーバー、学生サークルのWebサーバーなどの運用環境として「NEC神奈川データセンター」のハウジングサービスを提供している。

東海大学では、こうしたクラウドとハウジングのハイブリッド環境によって、従来のオンプレミスでの運用と比べ、事業継続性・システム拡張性の向上や、システム運用コスト・工数の削減を実現するとしている。

関連URL

クラウド基盤サービス「NEC Cloud IaaS」
導入事例 東海大学

問い合わせ先

NEC

アーカイブ

  • 毎小ニュース&漢字ドリル 土庄小学校 活用事例はこちら
  • メルマガ登録受付中 みらいのまなび共創会議 ICT CONNECT 21