1. トップ
  2. 企業・教材・サービス
  3. DNP/絵画の中に入り込み学びを深める体験型協働学習システムを開発

2015年5月21日

DNP/絵画の中に入り込み学びを深める体験型協働学習システムを開発

大日本印刷(DNP)は12日、ICTを活用してコミュニケーション力や思考力の向上を促す、美術鑑賞向けの体験型協働学習システムを開発したと発表した。

体験型協働学習システムの利用イメージ

DNPは、これまで取り組んできたICTを活用した美術鑑賞システムの開発・運用実績を活かし、香川大学教育学部の安東恭一郎教授が代表を務める美術デジタル教科書研究会と共同で、体験型協働学習システムを開発。

システムは、画像処理技術やセンシング機器などを活用。

スクリーンに投影した絵の前で生徒が歩くと、位置センサーが検出。歩く動作に合わせてスクリーンに表示する絵が変化する。

絵の中に入り込むようなインタラクティブな疑似体験を通じて、美術作品鑑賞の新たな視点の獲得を促し、鑑賞能力の向上をサポートするという。

システムの実用化に向けた実証研究を、安東教授と共同で、11日から15日にかけて豊島区立池袋本町小学校で実施する。

実証研究では、ICTを活用した体験型協働学習を実施。その後、国立西洋美術館を訪問して授業で学習した美術作品を実際に鑑賞する。

関連URL

システムの詳細

京都府教育委員会 Classi 府立高校12校において大学進学希望の高校生をICTでサポート!
JAPET&CEC主催 自治体の実践事例に学ぶ、ICT活用! 5月26日(金)13時〜18時 DNP 大日本印刷
Web展示会 開催中・募集中

アーカイブ