1. トップ
  2. 教育行政・入札
  3. 文科省/デジタル教科書の導入に向けて検討開始 有識者会議を開催

2015年5月13日

文科省/デジタル教科書の導入に向けて検討開始 有識者会議を開催

文部科学省は、デジタル教科書の導入に向けて検討を開始した。12日、デジタル教科書の位置づけや、教科書制度のあり方について検討を進めるため、「『デジタル教科書』の位置付けに関する検討会議」の第1回会合を開催した。

現在の教科書制度では、教科書は紙でできたものを前提としており、デジタル教材は基本的に副教材としてしか認められていない。そうした中、政府は、2014年6月に閣議決定した「規制改革実施計画」などで、デジタル教科書について具体的に検討することが必要だと方向性を示していた。

会議では、教科書の意義や制度のあり方のほか、デジタル教科書の使用方法や教育効果、健康面や有害情報などの配慮事項、検定や採択・供給のあり方、価格やコスト、著作権、環境の整備などについて検討していく。

座長を務める東北大学大学院の堀田龍也教授は、「教科書をデジタルとミックスさせていくことで、より豊かな学習環境にしてくためには、いくつかの課題が横たわっている」と語る。そうした課題を工夫で乗り越えるのか、それとも制度変更まで踏み込むのかなど議論していきたい、と会議の今後についてまとめた。

「『デジタル教科書』の位置付けに関する検討会議」では、議論を重ねて2016年内に意見のとりまとめて発表する。

なお、第2回会合を6月30日に開催する。

関連URL

文部科学省

大阪府教育委員会 Classi 2016年度より生徒の学力向上をめざし、府立寝屋川高等学校での共同研究実施中
Web展示会 開催中・募集中

アーカイブ