1. トップ
  2. 教育事例
  3. Aruba/東京学芸大附属高校が無線LANソリューションを導入

2015年5月20日

Aruba/東京学芸大附属高校が無線LANソリューションを導入

アルバネットワークス(Aruba)は19日、東京学芸大学附属高校が、ICTを活用した教育環境の整備と、強固なセキュリティを実現する無線ネットワークを構築するため、同社の無線LANソリューションを導入したと発表した。

東京学芸大学附属高校では、今回、校内屋内施設全域とグランドなど、一部屋外施設をカバーする計28台のアクセスポイントを配備。

場所や時間を限定されたり拘束されることなく、校内のどこにいても自由に世界中の情報に高速でアクセスできる学習、教育環境を整備した。

また、生徒、教員、ゲスト等それぞれのユーザ属性によってアクセス範囲を個別に限定するなど、従来よりも運用管理負担を大幅に軽減しながら、強固なセキュリティを実現しているという。

関連URL

アルバネットワークス
アルバネットワークス 無線製品ページ

教育改革を見据え ICT×紙で行う新しい授業実践 授業への参加意欲があがった Classi NOTE
プログラミング学習ロボット展 Web展示会 タダイマカイサイチゥ

アーカイブ

  • 失敗しない学校へのICT導入 5つのポイントを公開 ICT導入・活用無料セミナー開催 すらら
  • 無線LAN整備は整っていますか? チエル学校防災Wi-Fiパック
  • よく届く ラッカスの無線LAN 離れた小中学校21校をひとつに繋ぐ 伊那市の導入事例掲載中
  • スマホでサクサクニュースを読もう ICT教育ニュース メルマガ登録