1. トップ
  2. ツール・教材
  3. サカワ/黒板と電子黒板の良さを持つハイブリッド黒板アプリを7月に発売

2015年5月20日

サカワ/黒板と電子黒板の良さを持つハイブリッド黒板アプリを7月に発売

サカワは19日、カヤックと、ハイブリッド黒板アプリ「Kocri(コクリ)」を7月に発売すると発表した。

スマホで授業も先生もスマートに

「Kocri」は、2015年よりサカワとカヤックが取り組んでいる「みらいのこくばんプロジェクト」を製品化した、黒板と電子黒板の長所を兼ね備えたハイブリッド黒板アプリ。

アプリを起動し、Apple TVを経由すれば、特許出願中の技術によってどのプロジェクターでも利用できる。

起動時間を待つ必要もなく、すぐに画像や動画といった教材を黒板に映せる。

ノートのような罫線も投射可能

スマートフォンのカメラでノートを撮影すれば、即座にそれを黒板に映すことができるほか、授業前に用意した図形やグラフなどをも映すことが可能。さらに、授業で使った素材はスマホに自動で保存される。

ガイド機能を使えば、方眼紙や英語ノート、漢字ノートなどを模したガイドを投射できる。

アプリ販売想定価格は5000円で、発売当初はiOS端末のみの対応予定。

「みらいのこくばんプロジェクト」では、学校制度が始まって以来、100年以上変化せずに教育現場で使用されている黒板について、従来の板書の授業を活かしながらその新しい在り方を提案している。

関連URL

Kocri

サカワ

教育改革を見据え ICT×紙で行う新しい授業実践 授業への参加意欲があがった Classi NOTE
プログラミング学習ロボット展 Web展示会 タダイマカイサイチゥ

アーカイブ

  • 10件以上の塾の新規開校事例はこちら すらら
  • 豊富な小・中デジタル教材ならチエル 教育クラウドサービス開始!
  • よく届く ラッカスの無線LAN 離れた小中学校21校をひとつに繋ぐ 伊那市の導入事例掲載中
  • スマホでサクサクニュースを読もう ICT教育ニュース メルマガ登録