1. トップ
  2. ツール・教材
  3. MM総研/2014年度通期のタブレット出荷台数1位はAppleの408万台

2015年5月25日

MM総研/2014年度通期のタブレット出荷台数1位はAppleの408万台

MM総研は21日、2014年4月から2015年3月までの期間である2014年度通期の国内タブレット端末出荷台数の調査結果を発表した。

タブレット端末出荷台数シェア

それによると、出荷台数は2013年度比24.2%増の929万台となった。

2014年度下期出荷台数は516万台となり、半期別出荷台数として初めて500万台を突破。2015年度通期では1000万台を超える見通しとなる。

2014年度通期のメーカー別出荷台数・シェアは Apple(408万台/シェア43.9%)が1位を獲得。日本でタブレット端末が登場した2010年度以来5年連続の1位を維持した。2位はASUS、3位はソニー、4位は富士通、5位はNECレノボの順となった。

問い合わせ先

MM総研

大阪府教育委員会 Classi 2016年度より生徒の学力向上をめざし、府立寝屋川高等学校での共同研究実施中
Web展示会 開催中・募集中

アーカイブ