1. トップ
  2. ツール・教材
  3. 京都造形芸術大/京セラ丸善「BookLooper」の利用対象を通信教育部全学生に拡大

2015年5月7日

京都造形芸術大/京セラ丸善「BookLooper」の利用対象を通信教育部全学生に拡大

京都造形芸術大学は、芸術教養学科で導入している京セラ丸善システムインテグレーション(京セラ丸善)が提供する電子書籍ソリューション「BookLooper(ブックルーパー)」の利用対象を、大学院を含む通信教育部全学生6500名に拡大したと発表した。専門教育科目と総合教育科目合計58科目の配信を4月1日から開始している。

BookLooperの画面イメージ

京都造形芸術大学は、2013年4月にタブレット端末やスマートフォンの学修に特化したカリキュラム「芸術教養学科」(通称「手のひら芸大」)を新設。通信教育の授業では日本ではじめて、電子教科書を活用する先進的な取り組みを行っている。

今回、芸術教養学科での「BookLooper」の利用実績を踏まえ、より多くの学生の学修環境充実を図るため、4月から通信教育部全学生へ電子教科書の提供を開始した。

これにより、通信教育部の学生は、学内外でPCやタブレット端末、スマートフォンを利用し、時間や場所を選ばずに教科書を閲覧できるようになった。「BookLooper」の持つさまざまな機能を活用することで、学修効率の向上が期待されるという。

今後、京都造形芸術大学は、電子教科書の学修行動履歴のログを収集し、利用実態を分析することで、さらなる教育の質向上に取り組んでいく。

関連URL

京都造形芸術大学
BookLooper 詳細ページ
京セラ丸善システムインテグレーション

問い合わせ先

文教ソリューション本部 本社文教営業部
電 話:03-6414-2864

実践校から学ぶICT教育の活用法 ICT教育研究会 with Classi 3/28 開催!
Web展示会 開催中・募集中

アーカイブ

  • 10件以上の塾の新規開校事例はこちら すらら
  • メルマガ登録受付中 みらいのまなび共創会議 ICT CONNECT 21