1. トップ
  2. ツール・教材
  3. ボックス/早稲田大学がコンテンツ共有プラットフォームに「Box」採用

2015年6月4日

ボックス/早稲田大学がコンテンツ共有プラットフォームに「Box」採用

ボックスは3日、早稲田大学が、研究のコラボレーションと安全なコンテンツ管理のために、全学生と教職員の合計約5万人が使う安全なコンテンツ共有プラットフォームとして「Box」を採用したと発表した。

「Box」は、コンテンツコラボレーション向けのエンタープライズソフトウェアプラットフォーム。

早稲田大学は「Box」を導入することで、学生・教職員が授業、研究、業務の目的で、教育や研究の過程で作成する教材やノート、レポート、研究データ、研究論文などを学内外と安全にデータを共有。

さらに、研究成果としての貴重資料などデジタルデータの保管先や、各種システムのデータ保管先としても有効活用していく。

また、「Box」の高度なセキュリティにより、スマートフォンやタブレット、PCなどの盗難や紛失、ウイルス感染などによる情報流出を防止する。

関連URL

Box

教育改革を見据え ICT×紙で行う新しい授業実践 授業への参加意欲があがった Classi NOTE
プログラミング学習ロボット展 Web展示会 タダイマカイサイチゥ

アーカイブ

  • 10件以上の学習塾 ICT活用事例はこちら すらら
  • 豊富な小・中デジタル教材ならチエル 教育クラウドサービス開始!
  • よく届く ラッカスの無線LAN 離れた小中学校21校をひとつに繋ぐ 伊那市の導入事例掲載中
  • スマホでサクサクニュースを読もう ICT教育ニュース メルマガ登録