1. トップ
  2. 企業・教材・サービス
  3. アイキューブドシステムズほか/桐蔭学園が1人1台iPad活用に向けICT拡充

2015年6月18日

アイキューブドシステムズほか/桐蔭学園が1人1台iPad活用に向けICT拡充

アイキューブドシステムズ、デジタルアーツ、LoiLoは、桐蔭学園で中学校と中等教育学校1年の全生徒に貸与されたiPad500台に、3社が提供するMDMサービスやWebフィルタリング、授業支援アプリなどが採用されたと発表した。

桐蔭学園では、アクティブラーニングの導入と、ICTリテラシーを早い段階から学ばせるために、4月から中学・中等1年生を対象にiPadを活用した授業を開始した。

自宅にiPadを持ち帰った個別学習を許可しており、学外で生徒が教育上望ましくないサイトやサービスを利用できないようにするために、デジタルアーツのスマートデバイス向けWebフィルタリング「i-FILTER ブラウザー&クラウド」を導入。

また、生徒用と教師用を合わせ600台以上、将来的には高校までタブレット導入を検討しており、膨大な台数のiPadを、確実かつ効率よく管理できるように、アプリケーションの配布・管理機能に定評のあるアイキューブドシステムズのMDMサービス「CLOMO MDM」を採用した。

教育用アプリケーションには、授業中に生徒の様々な意見や質問をまとめて表示したり、それらに対する教師からのコメントや解答を共有したりと、柔軟なコミュニケーションを実現できるLoiLoの授業支援アプリ「ロイロノート・スクール」を導入した。

アイキューブドシステムズ、デジタルアーツ、LoiLoは、桐蔭学園で導入されたICT教育環境について、今後も協業し、積極的に他校への導入を展開していく。

関連URL

アイキューブドシステムズ
デジタルアーツ
LoiLo

アーカイブ

  • 子どものための本格的なテキストプログラミング入門言語 KidsScript オープンベータ公開中
  • メルマガ登録受付中 みらいのまなび共創会議 ICT CONNECT 21