1. トップ
  2. データ・資料
  3. MMD研究所/利用したことのあるオンライン英会話サービス、レアジョブが3割近く

2015年6月19日

MMD研究所/利用したことのあるオンライン英会話サービス、レアジョブが3割近く

MMD研究所は19日、「オンライン英会話の利用に関する調査」を実施し、利用率の高かった上位5サービスについて独自の比較表を作成、公表した。調査対象は、20歳から59歳の男女3万3105人。調査期間は2015年6月9日から15日。

利用したことがあるオンライン英会話サービス

オンライン英会話サービスを認知しているか聞いたところ、「知っている」と回答したのは29.2%となった。次に、「知っている」と回答した9679人を対象に、オンライン英会話サービスを利用したことがあるかを聞いたところ、15.6%が「利用したことがある」と回答した。

さらに「利用したことがある」と回答した1508人を対象に、利用したことがあるオンライン英会話サービス(複数回答)を聞いたところ、「レアジョブ英会話」が28.2%で最も高く、次いで「DMM英会話」が27.2%、「ECCオンライン英会話」が25.0%、「産経オンライン英会話」が13.4%、「QQイングリッシュ」が11.7%だった。

同じく1508人を対象に、オンライン英会話を利用する際に重視した点(複数回答)を聞いたところ、「料金の安さ」が32.6%、「講師の質」が22.9%、「予約のしやすさ」が22.5%となった。

問い合わせ先

MMD研究所

神奈川県教育委員会 Classi 2016年度〜2018年度 ICTを活用した授業力向上と授業改善に関する共同研究実施中
Web展示会 開催中・募集中

アーカイブ