1. トップ
  2. ツール・教材
  3. 日本ユニシス/保育所向け支援サービスを7月から販売

2015年6月25日

日本ユニシス/保育所向け支援サービスを7月から販売

日本ユニシスは、保育支援サービス「ChiReaff Space(チャイリーフスペース)」の販売を、7月6日から全国の保育所向けに開始する。

「ChiReaff Space」利用イメージ

「ChiReaff Space」は、タブレット端末やPCを使って保育士が子どもの成長を記録し、子ども1人ひとりの成長段階を捉えながら指導計画を立てることができるサービス。

発達記録は厚生労働省が定める「保育所保育指針」の内容を網羅し、入力後は子どもの指導計画の”素案”が自動的に生成される。

同時に、発達のメカニズムも確認することができるため、保育士は子どもの発達に関する知識を習得し、保護者に対して理論や統計データなどの科学的根拠にもとづいた説明ができるようになるという。

また、子どもの出欠状況、延長保育・登降園時間の管理、日々の保育士間での伝達事項の共有など、保育の現場で必要とされる基本機能で保育士の日常業務をサポートする。

関連URL

日本ユニシス

大阪府教育委員会 Classi 2016年度より生徒の学力向上をめざし、府立寝屋川高等学校での共同研究実施中
プログラミング学習ロボット展 Web展示会 タダイマカイサイチゥ

アーカイブ

  • 10件以上の学習塾 ICT活用事例はこちら すらら
  • 学校現場のICT活用最新情報誌 チエルマガジン 無料購読はこちら
  • スマホでサクサクニュースを読もう ICT教育ニュース メルマガ登録