1. トップ
  2. データ・資料
  3. 総務省/「プログラミング人材育成の在り方に関する調査研究」報告書を公表

2015年6月8日

総務省/「プログラミング人材育成の在り方に関する調査研究」報告書を公表

出典:総務省

総務省は5日、プログラミング教育の現状・実態や、その効果などについてまとめた「プログラミング人材育成の在り方に関する調査研究」報告書を公表した。

出典:総務省

調査研究では、プログラミング人材に必要な育成手法などを明らかにするために、プログラミング教育の現状・実態、その教育効果、プログラミング人材に対する企業のニーズなどを調査した。

報告書によると、プログラミング教育の効果については、有識者や教育事業者に対するヒアリングから、21世紀型能力で示されている実践力、創造力、思考力といった能力のうち、一定の範囲をカバーしていることが確かめられたという。

また、今後の普及に向けた施策として、コンテストの開催や、教育効果の評価手法策定、地域コミュニティとの連携による施設活用・講師マッチング、共通して利用できるプラットフォームの活用が有効だとまとめている。

関連URL

報告書・概要版(PDF)
報告書(PDF)

高校生向け学習支援クラウドサービス Classi dounyuukou 
1800校以上! 有料利用者数70万人を突破!
JAPET&CEC主催 自治体の実践事例に学ぶ、ICT活用! 5月26日(金)13時〜18時 DNP 大日本印刷
Web展示会 開催中・募集中

アーカイブ