1. トップ
  2. ツール・教材
  3. リコー/ハイエンドプロジェクター3機種を8月発売

2015年7月27日

リコー/ハイエンドプロジェクター3機種を8月発売

リコーは、高輝度・高画質を備えた「RICOH PJ」シリーズのフラッグシップモデル「RICOH PJ WU6181N/WX6181N/X6181N」を8月5日に発売する。ともにオープン価格。

ハイエンドプロジェクター「WX6181N」

新製品は、「IPSiO PJ WX6170N/X6180N」の後継機に位置づけられるハイエンドプロジェクター。

WU6181NはフルHDを超える1920×1200ドットの解像度を、X6181Nは7200lmの高輝度を実現し、広いスペースでも明るく高精細な画像を投写できる。

また、短焦点ズームレンズ「RICOH PJ 交換用レンズ タイプ 8」が今回新たに交換式レンズオプションに追加。これにより、6種類のレンズの中から選ぶことが可能となった。

3D映像やマルチスクリーン投写にも対応しており、大画面で迫力ある映像の投写ができる。

このほか、「光学ユニット込みオンサイト保守(3年間)」を標準保証提供。

さらに、修理発生時に天吊りプロジェクターの取り外し・取り付けを行う保守サービスを新製品からオプションで提供する。

関連URL

リコー

Classi活用事例 生徒のスマートフォンを利用した朝自習の取り組み
プログラミング学習ロボット展 Web展示会 タダイマカイサイチゥ

アーカイブ

  • 10件以上の塾の新規開校事例はこちら すらら
  • 無線LAN整備は整っていますか? チエル学校防災Wi-Fiパック
  • よく届く ラッカスの無線LAN 離れた小中学校21校をひとつに繋ぐ 伊那市の導入事例掲載中
  • スマホでサクサクニュースを読もう ICT教育ニュース メルマガ登録