1. トップ
  2. 教育事例
  3. 千葉工業大学/「ロボカップ世界大会」でCIT Brainsチームが2連覇

2015年7月29日

千葉工業大学/「ロボカップ世界大会」でCIT Brainsチームが2連覇

千葉工業大学は、17日から23日にかけて、中国の合肥市で開催された「ロボカップ世界大会2015」のサッカーヒューマノイドリーグ キッドサイズ部門で、同大学のCIT Brainsチームが優勝し、2連覇したと発表した。

千葉工業大学 CIT Brainsチーム

「ロボカップ」は自分で考えて動く自律移動型ロボットによる競技会。19回目を数える今大会には世界47カ国から約300チームが参加。

千葉工業大学 未来ロボティクス学科のCIT Brainsチームは、2014年のブラジルで開催された世界大会に続き優勝した。

なお、同チームは2015年大会のキッドサイズ部門テクニカルチャレンジでも優勝し、4連覇している。

関連URL

千葉工業大学

Classi活用事例 生徒のスマートフォンを利用した朝自習の取り組み
プログラミング学習ロボット展 Web展示会 タダイマカイサイチゥ

アーカイブ

  • 失敗しない学校へのICT導入 5つのポイントを公開 ICT導入・活用無料セミナー開催 すらら
  • 無線LAN整備は整っていますか? チエル学校防災Wi-Fiパック
  • よく届く ラッカスの無線LAN 離れた小中学校21校をひとつに繋ぐ 伊那市の導入事例掲載中
  • スマホでサクサクニュースを読もう ICT教育ニュース メルマガ登録