1. トップ
  2. ツール・教材
  3. 銀鳥産業/「かるた読み上げアプリ」を8月に提供開始。

2015年7月8日

銀鳥産業/「かるた読み上げアプリ」を8月に提供開始。

銀鳥産業は、同社の「知育かるたシリーズ」と連動し、アプリがかるたの読み手になる「かるた読み上げアプリ」を8月3日に提供開始する予定だ。同社によると、かるた商品と連動したアプリは、国内初だという。

アプリのスクリーンショット

「かるた読み上げアプリ」は、「知育かるたシリーズ」のせいかつ・犬棒・日本昔話・なぞなぞ・世界の童話という5種類の商品に対応。

「よみあげ」機能では、アプリがランダムにかるたの読み札を読み上げる。

また、「えふだをみる」機能では、かるたの絵札を1枚ずつ確認することができ、かるたが手元に無い場合でもアプリでひらがなを学ぶことができる。

なお、「よみあげ」機能の利用は全て無料。「えふだをみる」機能は「あ~こ」までが無料で、240円のアプリ内課金で、全ての絵札を見られるようになる。

関連URL

銀鳥産業

神奈川県教育委員会 Classi 2016年度〜2018年度 ICTを活用した授業力向上と授業改善に関する共同研究実施中
JAPET&CEC主催 自治体の実践事例に学ぶ、ICT活用! 5月26日(金)13時〜18時 DNP 大日本印刷
Web展示会 開催中・募集中

アーカイブ