1. トップ
  2. 企業・教材・サービス
  3. 富士通マーケティング/中村学園大学が教育研究用コンピュータシステムを構築

2015年8月31日

富士通マーケティング/中村学園大学が教育研究用コンピュータシステムを構築

富士通マーケティングは27日、中村学園大学の「教育研究用コンピュータシステム」構築事例をWebに公開した。

福岡県にある中村学園大学は、2015年に50周年を迎える教育機関。

施設・設備の機能充実を図るための取り組みを行ってきたが、既存のシンクライアントシステムでは、起動時にネットワークに負荷がかかり、授業の開始時刻までに起動が完了しない、利用者が多い時間帯はフリーズしやすいなどの問題が目立つようになっていたという。

そのため、これまで個々に管理していたサーバを集約、教室ごとに管理していたクライアントと併せて大規模な仮想化を検討。2014年9月に富士通マーケティングの提案を採用、10月から設計・構築をスタートし、2015年3月に仮運用、4月に本稼働した。

これによって、学生が学内のどこでも同じ環境でクライアントを利用でき、管理にかかる負荷も軽減され、安定したシステム稼働を実現できたという。

関連URL

導入事例中村学園大学

問い合わせ先

富士通マーケティング

京都府教育委員会 Classi 府立高校12校において大学進学希望の高校生をICTでサポート!
JAPET&CEC主催 自治体の実践事例に学ぶ、ICT活用! 5月26日(金)13時〜18時 DNP 大日本印刷
Web展示会 開催中・募集中

アーカイブ