1. トップ
  2. データ・資料
  3. すららネット/インドでe-ラーニングによる学習向上調査、有効性示す結果に

2015年8月6日

すららネット/インドでe-ラーニングによる学習向上調査、有効性示す結果に

すららネットは、クラウド型学習システム「すらら」の英語版を使い、インドの中間所得者層向けの私立学校であるAffordable Private Schoolを対象としたe-ラーニングによる学力向上の調査を実施し、その結果を発表した。調査期間は、7月6日から17日まで。

それによると、成績下位のクラスから抽出した「すらら」受講生と、非受講生のテスト結果の比較では、1校では「すらら」受講生が正答率で10.87%上回り、もう1校でも、非受講生の生徒を2.45%上回る結果となり、e-ラーニングによる学習の有効性を示すものとなった。

また、「すらら」受講生に対しアンケートを実施したところ、「『すらら』の理解しやすさ」ではA校97%、B校100%が「理解しやすい」(「とても理解しやすい」・「理解しやすい」の計)と回答。「『すらら』学習の楽しさ」では、A校・B校とも100%が「楽しい」(「とても楽しい」・「楽しい」)と回答した。

加えて、「『すらら』学習の継続意向」においては、A校96%、B校93%が「継続したい」(「ぜひ継続したい」・「継続したい」の計)と回答。「すらら」の学習について、非常に肯定的に捉えられていることが分かったという。

調査は、インドにある2校のAffordable Private SchoolのGrade7(中学1年生相当)の計56名の生徒を対象に、英語版のクラウド型学習システム「すらら」で放課後学習を実施し、受講生と非受講生のテスト結果を比較して、e-ラーニングによる学力向上の効果を測定するというもの。リコーの協力のもと、学校・関係会社とのネットワークを活用し連携して実施した。

関連URL

すらら

問い合わせ先

すらら

アーカイブ

  • 毎小ニュース&漢字ドリル 土庄小学校 活用事例はこちら
  • メルマガ登録受付中 みらいのまなび共創会議 ICT CONNECT 21