1. トップ
  2. データ・資料
  3. サイバーエージェント/動画を視聴する手段、10代ではスマホ・PCともに8割

2015年8月11日

サイバーエージェント/動画を視聴する手段、10代ではスマホ・PCともに8割

サイバーエージェントは10日、全国の15歳~69歳の男女3万人を対象に、国内動画メディアの接触率調査を実施し、その結果を発表した

テレビ、PC、スマートフォンの3種類のデバイスを通して配信される動画メディアについて、3ヶ月あたりの平均視聴頻度を調べたもの。

それによると、10代のスマートフォンからのオンライン動画接触率は80%となった。一方、テレビ接触率は85%という結果となり、10代にとって動画視聴のデバイスは、テレビとスマートフォンがほぼ同率を占めている。

また、10代から40代まで、約半数以上がPC上で動画を視聴。10代は、3つのデバイスの中でPCからの接触率が最も低かったことに対して、20代以降全ての世代においては、スマートフォンよりもPCからの接触率が高い結果となり、10代とそれ以上の世代における主要デバイスの違いが浮き彫りになったとしている。

テレビの接触率は、全世代で依然90%前後を維持しているが、世代が若くなればなるほど接触率が下がる結果となっている。

PCメディアにおけるオンライン動画メディアの接触状況としては、YouTubeの接触率が全世代を通して最も高く、特に男性若年層では約70%を占めている。また、ニコニコ動画は男性若年層の含有率が高く、10代~20代男性の3人に1人が接触している一方、女性の接触率は20%にも満たない結果となった。

次に、スマートフォンメディアにおけるオンライン動画メディアの接触状況としては、こちらもYouTubeの接触率が全世代を通して最も高く、特に10代では7割近くと圧倒的な接触率となった。男性若年層の含有率が高いニコニコ動画も、PC同様にスマートフォンでも接触率が高い結果となった。

調査概要

時 期:2015年6月9日から6月11日
方 法:インターネット調査
対 象:インターネットユーザー3万人、男女15~69歳、全国47都道府県を対象

問い合わせ先

サイバーエージェント インターネット広告事業本部
honbu_pub@cyberagent.co.jp

アーカイブ

  • 子どものための本格的なテキストプログラミング入門言語 KidsScript オープンベータ公開中
  • メルマガ登録受付中 みらいのまなび共創会議 ICT CONNECT 21