1. トップ
  2. データ・資料
  3. MMD研究所/約半数の母親が小学生の携帯に防犯・GPS機能が必要

2015年8月24日

MMD研究所/約半数の母親が小学生の携帯に防犯・GPS機能が必要

MMD研究所は21日、「小学生の携帯電話に関する調査」の結果を発表した。

調査では、小学生の子どもがいる20歳から40歳の母親642人を対象に、インターネット調査を実施。

キャプチャ1それによると、小学校高学年の携帯電話端末の所有率は約4割で、小学生の携帯電話利用料金平均額1419円、購入検討者の許容平均月額は1679円となっていることが分かった。

キャリアの携帯電話を所有する小学生の母親のうち、約3割が格安スマホ(格安SIM)への乗り換えを検討中だった。

キャプチャ母親が、小学生の子どもに持たせる携帯電話端末に必要だと思う機能は、最も多かったのが62.9%の「通話」で「防犯」と「GPS」がともに50.5%と続いた。

なお、調査データは4万9800円で販売。MMD研究所のWebサイトで申し込むことができる。

調査概要

調査期間:2015年8月6日~2015年8月7日(2日間)
有効回答:642人
調査方法:インターネット調査
調査対象:小学生の子どもがいる20~40代の母親
設問数:16問

関連URL

MMD研究所

神奈川県教育委員会 Classi 2016年度〜2018年度 ICTを活用した授業力向上と授業改善に関する共同研究実施中
プログラミング学習ロボット展 Web展示会 タダイマカイサイチゥ

アーカイブ

  • 失敗しない学校へのICT導入 5つのポイントを公開 ICT導入・活用無料セミナー開催 すらら
  • 無線LAN整備は整っていますか? チエル学校防災Wi-Fiパック
  • スマホでサクサクニュースを読もう ICT教育ニュース メルマガ登録