1. トップ
  2. ツール・教材
  3. オプティムほか/遠隔作業支援専用スマートグラス「Remote Action」を発表

2015年8月6日

オプティムほか/遠隔作業支援専用スマートグラス「Remote Action」を発表

オプティムとテレパシージャパンは5日、両社で実用化した遠隔作業支援専用のスマートグラス「Remote Action」を発表した。

「Remote Action」は、オプティムの遠隔作業支援サービス「Optimal Second Sight」と、テレパシージャパンが開発したウェアラブルデバイス「Telepathy Jumper」を融合した遠隔作業支援専用スマートグラス。

「Remote Action」では、作業者が利用するスマートグラスのカメラ映像を共有することで、作業者の目の前の環境を、まるでオペレーター自身が見ているかのようにサポートできる。

また、自社で複雑なシステム構築することなく、遠隔作業支援環境を利用できるため、作業員は「Remote Action」の電源を入れるだけで、すぐに遠隔地のオペレーターとセキュアに接続可能。

さらに、MDMサービスOptimal Bizに対応したWDM(Wearable Device Management)機能により端末の一括管理も実現できる。

今後、オプティムとテレパシージャパンは、「Remote Action」を通じて、教育ICTなどあらゆる現場でウェアラブルデバイスを使った新たな働き方を提案していくという。

関連URL

Remote Action製品ページ

高校生向け学習支援クラウドサービス Classi dounyuukou 
1800校以上! 有料利用者数70万人を突破!
プログラミング学習ロボット展 Web展示会 タダイマカイサイチゥ

アーカイブ

  • 失敗しない学校へのICT導入 5つのポイントを公開 ICT導入・活用無料セミナー開催 すらら
  • 学校現場のICT活用最新情報誌 チエルマガジン 無料購読はこちら
  • スマホでサクサクニュースを読もう ICT教育ニュース メルマガ登録