1. トップ
  2. ツール・教材
  3. タイムインターメディア/宮城県の高校で学習支援システムの共同研究開始

2015年9月7日

タイムインターメディア/宮城県の高校で学習支援システムの共同研究開始

タイムインターメディアは4日、日本マイクロソフトの協力で、宮城県教育委員会と学習支援システムの共同研究を、宮城県美田園高等学校で開始すると発表した。

ti-01
オープンソースと商用先端技術を駆使して、Web システムの開発、構築、運用支援をするタイムインターメディアは、教育事業分野でも多くの私立大学、国立大学、国立高専などに導入実績がある。

今回のインターネットを用いた学習支援システムの実証研究は、県内唯一の通信制県立高校である美田園高校において、震災後の交通事情や勤務の都合、不登校などの諸事情でスクーリングに参加できない生徒の自宅学習に対する支援を目的とするもので、タイムインターメディアは自社開発システムおよび Microsoft Azure クラウド上のサーバ環境を無償提供する。

日本マイクロソフトからは、スクーリング等で使用するWindowsタブレットが貸与される。

本実証研究には、同社の「高校向けオールインワンクラウドサービス HighNet」のサブシステムである、オープンソースをベースにした e ラーニングシステム「moca」(Module OrientedCloud Azure) を使用する。

HighNet は、e ラーニングやポートフォリオ、図書館システム等の「スマート教育のための学習環境の提供」と、教職員用の最新型校務処理や統計分析を含む「バックヤード業務サービス」で構成され、高校教育の総合 IT を、どの高校でも共通に利用可能にするという。

関連URL

e ラーニングシステム moca

タイムインターメディア

日本マイクロソフト

実践校による活用事例報告 ICT教育研究会 with Classi 3月20日 明星中学校・高等学校
Web展示会 開催中・募集中

アーカイブ