1. トップ
  2. データ・資料
  3. 旺文社/ネット出願導入検討・導入済みの大学は45%

2015年9月16日

旺文社/ネット出願導入検討・導入済みの大学は45%

旺文社「螢雪時代」編集部は15日、全4(6)年制大学の通信制を含む751大学に対し2016年入試のインターネット出願と受験料割引(ネット割)実施についてアンケート調査を行い、その結果を発表した。調査対象は、国公立156大学、私立521大学。

私立大学インターネット出願実施状況

私立大学インターネット出願実施状況

それによると、私立大では「既に導入済み」「2016年度から導入決定」「2016年度の導入を検討中」と合わせて全体の約45%と、2016年度からの導入に前向きな大学が半数近くを占め、2015年の約32%より大幅に増えた。

私立大のうち、大学が集中する関東と関西の2地区を比較すると、「既に導入済み」「2016年度から導入決定」の合計の比率は関東に対し関西の方が高く、「導入の予定なし」の比率は関東の方が高い結果となった。

また、国公立大では「ネット出願」実施大学は約8%に留まるが、2015年の約4%からは増加した。

「ネット割」については、私立大実施校の43.7%が実施しているが、「ネット出願」新規実施66大学中41大学が「ネット割」なしとなっている。

問い合わせ先

旺文社

アーカイブ

  • 毎小ニュース&漢字ドリル 土庄小学校 活用事例はこちら
  • メルマガ登録受付中 みらいのまなび共創会議 ICT CONNECT 21