1. トップ
  2. ツール・教材
  3. Shamrock Recordsほか/聴覚障がい者用コミュニケーション支援アプリに機能追加

2015年9月29日

Shamrock Recordsほか/聴覚障がい者用コミュニケーション支援アプリに機能追加

Shamrock Recordsとプラスヴォイスは、コミュニケーション支援・会話の見える化アプリ「UDトーク」で、二次元コードでアプリ同士を接続し通信できる機能の提供を28日から開始した。

UDトーク 活用シーン

UDトーク 活用シーン

UDトークは、聴覚障がい者とのコミュニケーション支援アプリ。スマホやタブレットに向かって話した内容を音声認識技術によってリアルタイムに文字化し、文字情報をアプリユーザーが共有してそれぞれの手元で見ることができる。

これまで、端末間の接続方法として「Bluetooth(iOSのみ)」「同一WiFi内」の2つの方法を提供していたが、今回、「二次元コードによる接続」の提供をスタートした。

これによって、従来の情報支援アプリで必要だった“友達申請”や“招待”の手続きをせず、ユーザーが端末でUDトークを簡単に利用することができるようになる。

また、UDトークの特徴である「音声認識」や「多言語翻訳」機能を活用することで、聴覚障がい者から外国人まで幅広く、初対面の人同士のやりとりの支援が可能となるという。

トーク公開者と参加者の2つの使用スタイルがあり、参加者の利用は無料。トーク公開者も機能制限付きで利用の場合は無料。ただし、連続公開時間は20分で、それを過ぎると自動的に公開が停止される。アプリ内でアドオンを600円で購入すれば、時間制限は解除される。

関連URL

UDトーク料金表.pdf
UDトーク

問い合わせ先

Shamrock Records
info@udtalk.jp

実際に体験していただけます EDIX2017に出展 5.17-19 Classi
Web展示会 開催中・募集中

アーカイブ