1. トップ
  2. イベント・セミナー
  3. JAPIAS/韓国e-ICON世界大会で日韓合同チームが優勝

2015年10月2日

JAPIAS/韓国e-ICON世界大会で日韓合同チームが優勝

学校インターネット教育推進協会(JAPIAS)は1日、第5回韓国e-ICON世界大会で、玉川学園国際バカロレアIBクラスの豊川遼馬君(高校1年)と東京都立小石川中等教育学校の佐藤圭一郎君(高校1年)と韓国の生徒2名の合同チームが優勝したと発表した。

e-ICON世界大会は、アジア諸国のICTスキルに優れた学生が韓国に集まり、ICTを活用した教育コンテンツの開発を競う大会。主催は大韓民国教育科学技術部。

大会では、韓国の生徒2名とアジア諸国の生徒2名の計4名が一つのチームを組み、渡航前にオンラインによるコミュニケーションで企画を練った後、現地に入り、教育用のWebサイトやアプリケーションを開発。最終日にはプレゼンテーションを行い、審査を受けて、授賞結果が発表された。

日韓合同チームは優勝したほか、岐阜総合学園高等学校の大平育歩さん(高校2年)と岩田悠子さん(高校3年)が2位に、同じく岐阜総合学園の堀雅晴君(高校2年)と濱崎瑞樹君(2年)の各チームが3位に入賞した。

大会には、韓国、中国、日本、フィリピン、マレーシアの5カ国から各国のICT活用に優れた生徒48人が招待を受け、日本からは、第17回全国中学高校Webコンテストで上位入賞した8名の生徒が参加した。

関連URL

第5回韓国e-ICON世界大会
学校インターネット教育推進協会

問い合わせ先

学校インターネット教育推進協会
sec@japias.jp

神奈川県教育委員会 Classi 2016年度〜2018年度 ICTを活用した授業力向上と授業改善に関する共同研究実施中
Web展示会 開催中・募集中

アーカイブ