1. トップ
  2. ツール・教材
  3. DMM.com/iKnowに進捗状況や記憶強度などを視覚化する機能

2015年10月7日

DMM.com/iKnowに進捗状況や記憶強度などを視覚化する機能

英語学習サービス iKnow!を提供するDMM.comは6日、学習の進捗状況と記憶の程度を表すMemory Bank (メモリーバンク)を改善し、リリースしたと発表した。

Memory Bank  利用イメージ

Memory Bank  利用イメージ

ユーザー一人ひとりの学習の進捗状況や記憶強度などを、単語やフレーズ単位でグラフに配置し、視覚化する機能。これによって、学習中のアイテムをどれくらい記憶できているのか、学習完了までのプロセスが一覧でき、視覚的に把握ができるようになる。

グラフの動きは、脳科学に基づいて独自に開発した学習エンジンが、人間の記憶強度を計算して導き出しており、記憶強度が高いアイテム(上記画像の定着中エリアにあるもの)については、しばらくの間出題されないようになっている。

また、一回で集中的に学習したコースについては短期的な記憶とみなされ、これ以上続けて学習しても、プログレスの伸びが鈍くなるなど、緻密な計算がされているという。

英語学習サービス iKnow!は、英単語やフレーズの学習だけではなく、ボキャブラリーの使い方も身につけることができるサービス。

関連URL

iKnow! 公式サイト

問い合わせ先

iKnow!

ClassiのIDひとつで!さまざまな教育サービスを利用可能にする Classiプラットフォーム 2018年4月よりスタート!
プログラミング学習ロボット展 Web展示会 タダイマカイサイチゥ

アーカイブ

  • 失敗しない学校へのICT導入 5つのポイントを公開 ICT導入・活用無料セミナー開催 すらら
  • 豊富な小・中デジタル教材ならチエル 教育クラウドサービス開始!
  • よく届く ラッカスの無線LAN 離れた小中学校21校をひとつに繋ぐ 伊那市の導入事例掲載中
  • スマホでサクサクニュースを読もう ICT教育ニュース メルマガ登録