1. トップ
  2. ツール・教材
  3. Aruba/中央大が全学ネットワークインフラとして無線LANソリューション導入

2015年10月14日

Aruba/中央大が全学ネットワークインフラとして無線LANソリューション導入

アルバネットワークス(Aruba)は13日、中央大学が、全学ネットワークインフラとしてArubaの無線LANソリューションを導入したと発表した。

中央大学は、2007年、学内全域でネットワークアクセスを可能にする無線LAN環境を導入したが、当時は教授が授業で教材を表示することが主な用途で、大勢の学生が同時にアクセスすることは想定されていなかった。

1人1台以上のデバイスが持ち込まれるようになった昨今、学内どこでもITを活用できる環境が必須と考え、環境の刷新を計画。100名収容の教室でも全員同時にアクセスが可能で、一人あたり1Mbpsの帯域を確保できる環境と各キャンパスに設置された多数のアクセスポイント(AP)を集中管理できる仕組みを要件に入札を行った。

その結果、Arubaの無線LANソリューションの、APに仮想コントローラを内蔵させる機能による構成上のコスト抑制などが評価され、採用に至ったという。

関連URL

アルバネットワークス

問い合わせ先

アルバネットワークス

高校生向け学習支援クラウドサービス Classi dounyuukou 
1800校以上! 有料利用者数70万人を突破!
JAPET&CEC主催 自治体の実践事例に学ぶ、ICT活用! 5月26日(金)13時〜18時 DNP 大日本印刷
Web展示会 開催中・募集中

アーカイブ