1. トップ
  2. ツール・教材
  3. インテル/米国の教育現場の利用に最適な学習・開発ボードを提供

2015年10月22日

インテル/米国の教育現場の利用に最適な学習・開発ボードを提供

インテルコーポレーション(米)とオープンソース・エレクトロニクス・プラットフォームであるArduinoの創業者は18日、米国の初心者のメイカーや教育現場の利用に最適な学習・開発ボード「Arduino101」を発表した。

Arduino101は、超小型で低消費電力なインテルCurieモジュールを搭載した一般向け開発ボード。次世代の技術プロフェッショナル、起業家、イノベーターを育成するツールとして活用することができる。米国以外での製品名は「Genuino101」。

使いやすく基礎的な実習に最適な点に加え、インテルCurieモジュールの性能を活用してネットワーク接続やコンピューティング能力を備えたテクノロジー製品の試作に利用が可能。

Arduinoが開発、試験を行い、300以上の学校で採用されているCreative Technologies in the Classroom(CTC)のフィジカル・コンピューティングのコースにも採用される予定だという。CTCは、小学生と中学生向けの世界初の公式なフィジカル・コンピューティングのコース。

問い合わせ先

インテルコーポレーション

大阪府教育委員会 Classi 2016年度より生徒の学力向上をめざし、府立寝屋川高等学校での共同研究実施中
プログラミング学習ロボット展 Web展示会 タダイマカイサイチゥ

アーカイブ

  • 10件以上の塾の新規開校事例はこちら すらら
  • 無線LAN整備は整っていますか? チエル学校防災Wi-Fiパック
  • スマホでサクサクニュースを読もう ICT教育ニュース メルマガ登録