1. トップ
  2. ツール・教材
  3. 富士通と富士通SSL/聴覚障がい者参加型コミュニケーションツールの運用開始

2015年10月23日

富士通と富士通SSL/聴覚障がい者参加型コミュニケーションツールの運用開始

富士通と富士通ソーシアルサイエンスラボラトリ(富士通SSL)は22日、富士ゼロックスサービスクリエイティブに、聴覚障がい者参加型コミュニケーションツール「FUJITSU Software LiveTalk(フジツウ ソフトウェア ライブトーク)」を導入し、本格運用を開始したと発表した。

「LiveTalk」は、会議など複数人が情報を共有する場において、複数の発話者の発言を音声認識し、即時にテキストに自動変換して参加者のパソコンやタブレット画面に表示することで、聴覚障がい者を含む参加者全員がリアルタイムに情報を共有できるソフトウェア。

富士ゼロックスサービスクリエイティブでは、聴覚障がいのある社員が在籍する事務サービス部に「LiveTalk」を導入したことにより、会議の進行がスムーズになり会議時間が短縮されたうえ、情報共有も容易になり、業務の効率化と職場のコミュニケーションのさらなる活性化を実現。今後、聴覚障がいのある社員が在籍する他部門での利用も予定している。

富士通と富士通SSLは「LiveTalk」のさらなる機能拡充を図るとともに、企業や自治体、学校などに向けて幅広く提供していく予定だという。

関連URL

LiveTalk

問い合わせ先

富士通ソーシアルサイエンスラボラトリ
商品問合せ窓口
ssl-info@cs.jp.fujitsu.com

教育改革を見据え ICT×紙で行う新しい授業実践 授業への参加意欲があがった Classi NOTE
プログラミング学習ロボット展 Web展示会 タダイマカイサイチゥ

アーカイブ

  • 失敗しない学校へのICT導入 5つのポイントを公開 ICT導入・活用無料セミナー開催 すらら
  • 豊富な小・中デジタル教材ならチエル 教育クラウドサービス開始!
  • よく届く ラッカスの無線LAN 離れた小中学校21校をひとつに繋ぐ 伊那市の導入事例掲載中
  • スマホでサクサクニュースを読もう ICT教育ニュース メルマガ登録